接骨院での『肩こり・腰痛』の治療で人気の治療機器

2018年11月6日

こんにちは!ヒロ成増接骨院院長の牧瀬です!

当院には様々な、最新の治療機器があります。今まで治療をしてきて、最も信頼のある機器を揃えました。それぞれの症状に合わせて、適材適所使用しております。その中でも患者様から特に人気の治療機器と特徴をご紹介いたします。

1位 ラジオスティム(ラジオ波治療)

一番の特徴は心地良さです。そして治療効果も抜群です。治療中も治療後も心地良さが続きます。そして、改善率も高いと思います。長年悩まれてる方ほど、喜べる結果が出ています。

  • 慢性腰痛
  • 肩こり(緊張性)
  • 頭痛(緊張性)
  • 五十肩
  • 膝関節症
  • 痺れ(手足の)
  • 疲労回復の促進
  • むくみの改善
  • 冷え症
  • ダイエット効果

芯から温めるラジオ波だからこそできる、深部加温治療は、今までに受けた事がないような心地良さを生み出します。また、ラジオ波の熱は体の中にこもりやすいです。なぜなら、ラジオ波ひ体の中で電気が発生し、芯から温める事ができるからです。例えて言うと、お風呂で温まっても30分くらいすると『湯冷め』してしまいますが、ラジオ波の熱は約4時間は熱を保持できると言われております。

お風呂やホットタオル、ホッカイロなどは、表面から温めるのに対して、ラジオ波は体の中で熱を発生させるので、芯から温まる事ができるのです。

心地良さの感想としては『温泉に入っているかの様にポカポカして気持ちい』という感想が多いです。温泉の様な心地良さが約4時間続くと思ってもらうとイメージしやすいかと思います。

治療の効果を高めているもう一つの仕組が、『ヒートショックプロテイン』という反応を体の中で起こしているという事です。ヒートショックプロテインは、体の体温が”1°上昇”する事で、ダメージを受けている細胞組織を修復させる機能が働きます。例えば、しなしなっとしたレタスを、50°の熱湯に漬けるとシャキッとする現象は有名かと思います。この時、レタスの中の細胞が、『熱のショック』により、一時的に細胞を修復させる機能が働きます。ラジオ波で発生している現象も、ヒート=熱、ショック=刺激、プロテイン=タンパク質を並べて『ヒートショックプロテイン』現象と言われています。

治療時間は、部位によりますが、5分からでも効果を実感する事ができます。また当院のラジオ波治療は、エステ業界では主流となっていますが、まだまだ治療業界では導入している所は少ないです。接骨院でラジオ波が受けれるのは、大変貴重だと思います。ぜひ体験してみてください。

2位 エスティマス (EMS治療)

これまでのブログ